感動をありがとう

先日のセンター試験と同じ日、
大阪私立中学入試もスタートしました。



ちょうど3年ほど前受験したいと言い出した娘。
それから半年後の4年生の夏頃から、
受験に向けての戦いが始まりました。

塾選びからは始まり、
入塾後は生活も徐々に受験中心の生活に。
土曜日は1日に5時間程もの塾での勉強。
まだまだ幼い小4の娘にこれが継続出来るのか
心配でした。
大量の塾の宿題に涙しながらの日もあり、
しんどいなら辞めてもいいやんと言う私の言葉に、
また泣きながら、いやや、受験は辞めへんもんと
怒る娘。。。
こんな親子のやり取りを何度やったことか。

そんな生活パターンにも慣れて来た5年生!
志望校もほぼ決まって来て目標もでき、それなりに頑張った5年生。

そして6年生の秋。
入試もあと半年となったころ、志望校以外の学校説明会にたまたま行ったことから、娘にさらなる戦いか始まりました。
ここに来てまさかの志望校変更。しかも偏差値もアップ💧
でも、どうしてもそこへ入学したい娘。

試験日半月前。
塾の先生から、やはり最初の志望校への受験を勧められ落ち込み泣く娘。
私も落ち込む。。。
どちらも試験日が一緒。どちらかに決めないといけない。
結果はどうあれ娘の思い通りに受けさせてみるか、
それとも先生の勧められた道で受けるのか。
願書がなかなか書けない。。。


数日後、塾の他の先生にも相談した娘。
そこで、自分の受けたい学校を受けた方が良いとその先生が背中を押してくれました。
確率は五分五分。でも今からでも頑張って勉強しても遅くない!頑張れ!と。

それから試験日前日のギリギリまで、
必死に必死に頑張ってました。
不安と戦いながら。

試験日当日。
約4時間の試験。
終わって戻ってくる娘の表情がどうだろうかと
見るのが怖くなる。
長い4時間も終わり、やはり不安な顔の娘。

その日の夕方も別の抑えの学校の試験もあり、
まだ試験は続く。
最後は気力もなくなってくる。
ここでもまた不安な様子の娘。
長かった1日目は終わりました。

そして2日目の昨日。
午前中に急遽当日願書提出で受けられると聞いていたもう一つ抑えの学校を受験。
午後はいよいよ、第一志望校の合格発表。
しかも夕方の5時から、、、遅い、、、
5時まで待ちの時間が長すぎて、娘の不安も増してくる。
娘の気を紛らわすのに必死でした。

刻一刻と近づく発表の時間。
娘の不安と緊張とが最高になり、うずくまり
顔を上げることができない。

その時間はやってきて、大きなスクリーンに
一気に合格者の受験番号が出た!!

目が泳いで番号が見つからない。
後ろから、
「あった!」「合格した!」
と言う声が次々聞こえてくる。
もうー、焦ってさらに見つけられない。
だんだん不安になる。
娘もまだ探せてない。
前に座ってた、yumiちゃんが
「あったよ!!」
と振り向く。娘もあった‼️と叫ぶ。
どこ?どこ?、、、あったー‼️
あったよー‼️
娘と抱き合って二人とも泣きました。
涙が止まりません。
良かった 良かった 良かった
何度も繰り返し言いながら泣きじゃくる娘。

相方のyumiちゃんの娘ちゃんもうちの娘と一緒に合格しました。
娘二人とも本当に頑張りました。
4人で抱き合って良かったねーとまたまた涙。

子供同士、良き友であり良きライバルの2人。
お互いが、彼女がいたから頑張れた。居てくれて良かったと言い合いながら帰りました。
また一緒に通えるね。良かったね。
初めて自分で選んだ道。
そして、努力して勝ち取った道!
赤ちゃんの頃から成長を見て来た2人。
子供達が大きく見えた日。
この日は絶対に忘れられない日。
2人ともおめでとう!
感動をありがとう❤️


kayoko

Tstyle kayoko

スワロフスキーを使って、アクセサリーやアートなど、素敵なグルーデコ作品を作れる教室 グルーデコ®認定講師 / アクセサリーデザイナー

0コメント

  • 1000 / 1000